言われてうれしいことば、うれしくないことば。親子関係をよくするものとは。

言われてうれしいことば、うれしくないことば。

人間関係の悩み。

親子でも夫婦でもママ友でも、仕事でもどこでも

ありとあらゆる悩みの8割は、人間関係だと言われますね。

 

もしかしたら、

あなたも大なり小なり抱えてるかもしれませんし、

私もそれなりに、悶々とすることもあります。

 

人間関係で悩むとき、

それはどういうときだろうと考えたところ、

・悪口を言われる

・態度や言動が批判的

・いうことを聞いてくれない

・パワハラ、モラハラ…

・距離が縮まらない

・孤独を感じる

・上から目線

・・・他にも色々とあるでしょう。

 

そんな中で、

原因の一つに、ことばの受け取り方があるのでは、

と思いました。

と言いますのも、

人には、人から言われて

うれしいことばと、うれしくないことばがあります。

 

・・・

相手はそのつもりはなくても、

自分がガックリとしてしまうことばがあります。

 

言われてうれしいことば、うれしくないことばは人の数だけ違うものだと思いますが、

でも、それは相手には伝わっていない。

 

そもそも、本当にうれしいことばは何なのか、

当の本人も知らないのではないでしょうか。

 

だから、

ことばでコミュニケーションをするときに

ミスコミュニケーションが起こってしまう。

自分は良かれと思ってかけたことばも、

相手がどう受け止めるかは、わかりません。

 

もしかしたら、うれしくないことばをずっとかけ続けているかもしれません。

母の私が良かれと思ってかけていることばは、もしかしたら子どもにはプレッシャーになっているのかもしれません。

 

 

こんな風に近しい関係、

たとえば、親子関係だったり夫婦関係、仕事のパートナーだったとしたら、

悲劇です。

 

 

では、言われてうれしいことば、うれしくないことばを知っていたらどうでしょう。

グンとお互いの関係がよくなると思いませんか。

ミスコミュニケーションが減り、相手も自分も気分良く過ごせるのではないでしょうか。

 

でもそこで一つ問題があります。

それは、うれしいことばが何か、を自分でも知らないことです。

先ほど私は「面白い」と言われたらうれしい、

とお伝えしましたが、実はつい最近見つけました。

 

どうやって見つけたかというと、

あるワークをしたら見つかったのです。

ものの10分で、

うれしいことばベスト5まで絞り、一位に輝いたのが「面白い」だったわけです。

 

面白いですね!(笑)

 

こんな面白いもの、

ぜひ知ってほしい、体験してほしい、身近な関係を気持ちよく過ごしてほしい、

こんな思いで今度、

「うれしいことばが見つかる」ワークショップをやってみようと計画しています。

 

もう七月も後半、

子どもたちにとっては短く、

親にとっては長~い夏休みがいよいよ始まりますね!

 

だからこそ、

特に親子関係を良くしたいという、子育て真っ最中だよ!という方に来てほしいなぁと思っています。

親子で受けてもらえたら、

お母さんと(お父さん)とお子さんのお互いの「うれしいことば」が見つかります。

 

ムンムンしている夏休みが

わくわくルンルン♪できるものに大変身!

できるように、

ワークショップの計画をしています。

(自由研究のテーマにしてもいいかも)

 

日程は8月8日(水)の昼間の時間。

場所は四条烏丸です。

興味のある方は、日程をチェックしてみてくださいね。

また近々募集をオープンします。

 

今日お伝えしたいこと───────

あなたの本当に言われてうれしいことばは、何でしょうか?

 

このような内容のメールマガジンを週二回お届けしています。

Leave a reply